お役立ち情報本記事は10分で読むことができます

クーポン配布はLINEとTwitterのどっちがいいの? 料金、拡散力、開封率を徹底比較

執筆者:島田旬子

こんにちは、PARKLoT マーケティング担当の島田旬子です!

今回はLINEとTwitterのクーポン機能について、徹底比較したいと思います。

LINEは国内ユーザー数No.1を誇るSNSであり、毎日利用しているアクティブユーザーが80%を超えるといわれています。ユーザーは店舗やブランドのLINE公式アカウントを「友だち追加」することでクーポンを獲得できます。

店舗側は低コストでクーポンを配布することが可能(1,000通まで無料※など)。顧客データを分析する機能も付いているので、とても使いやすいサービスです。※無料メッセージ通数(クーポン以外のメッセージを含む)

しかし、「情報の拡散力」や「クーポン設定の自由度」について見てみると、Twitterでクーポンを配布する方が断然有利です。

Twitterでのクーポン配布について知らない方のために、その理由についても解説していきます。

この記事は次のような人にオススメです!

  • LINEやTwitterでクーポン配布しようと思っている
  • 紙でのクーポン配布に苦労している
  • クーポンで新規ユーザーを獲得したい

今回の記事では、LINEとTwitterで配布するクーポンに絞って、メリット・デメリットを解説します。

この記事を読んで、クーポン配布にはLINEとTwitterのどちらが良いのか、選んでいただければと思います。

LINEクーポンの種類

LINEのクーポンには、①「LINEクーポン」 ②「LINE Payクーポン」 ③「店舗の公式LINEアカウントクーポン」の3種類があります。

① LINEクーポン

「LINEクーポン」は、LINE自体が配信しているサービスです。ユーザーは店舗を「友だち追加」する必要がありません。LINEユーザーなら誰でも、以下の流れで使うことができます。

LINEアプリを開く→ 「ウォレット」を選択 → 「クーポン」を選択

クーポンの表示画面には、色々なお店のクーポンが一覧で表示されていますが、資金力と知名度のある大手チェーン店が多い印象です。

② LINE Payクーポン

「LINE Payクーポン」は、人気のあるLINE Payの加盟店が配布しているクーポンです。

こちらも、資金力と知名度のある大手チェーン店が多い印象です。

ユーザーは、LINE Payのコード支払いでクーポンを利用できるのはもちろん、オンライン支払いにも使えます。

③ 店舗の公式LINEアカウントクーポン

本記事で主に紹介するのは、この「店舗の公式LINEアカウントクーポン」です。

それぞれのお店や企業で、LINE公式アカウントを開設することができます。

現在、飲食・美容・アパレルなど色々な業種で、多くのクーポンが発行されています。

クーポン発行の条件は、ユーザーが店舗を「友だち追加」することです。

「友だち追加」してくれたユーザーへ、クーポンを自動配信できます。

LINEでクーポン配布するメリット

LINEでクーポンを配布するメリットを見ていきましょう。

1. LINEのプラットフォームを活用できる

LINEを利用する大きなメリットは、他のSNSに比べて圧倒的にユーザーが多いことです。若い世代だけではなく幅広い年代で利用されており、今までにはないターゲット層への訴求が可能になります。

但し、これは①「LINEクーポン」についていえることです。

(③「店舗の公式LINEアカウントクーポン」では、情報を一気に拡散させることが難しいです)

2. 開封率が高い

ユーザーにブロックされないかぎり、クーポンを100%届けることができます。迷惑メールで弾かれたり、ボックス内で見過ごされてしまうことがありません。

LINEのトークリストに未読メッセージとして表示されるので、開封率が圧倒的に高くなります。メールマガジンに比べて、2〜6倍の開封率を記録したケースも少なくありません。

3. 1000通までは無料

初期費用が無料で、1,000通までは無料で使えます(無料メッセージ通数)。

LINE公式アカウントの開設後はこの「フリープラン」になるので、クーポンの配布数が多い場合はプランをアップグレードする必要があります。

「ライトプラン」にすると、月額5,000円で15,000通まで配布可能。

「スタンダードプラン」にすれば、月額15,000円で45,000通まで配布できます。

4. 顧客データを集客や販促に使える

LINEの会員登録データを得られるため、今後のマーケティングに活用できます。

LINE公式アカウントには「分析」機能もあるので、とても便利です。

開封率、クーポン・ショップカードの利用状況、友だち増減数などを確認することが可能です。

LINEでクーポン配布するデメリット

続いて、LINEでクーポンを配布する際のデメリットも見ていきましょう。

1.拡散性が低い

LINEには友だちにクーポンを共有する機能があるものの、Twitterの「リツイート」のように情報を一気に拡散する機能がありません。

また、「友だち追加」してもらわないとクーポンを届けられないため、それ以外のユーザーには基本的には認知されません。

「友だち追加」は店頭のポスターやPOP、HPなどで誘導することが多いようです。「友だち追加」にネガティブなイメージを持つユーザーもいるので、情報拡散には時間がかかるといえるでしょう。

2.ユーザーごとにクーポンの内容を変えられない

クーポンを配布するタイミングは、友達追加時と一斉配信のどちらかです。一度に同じ内容のクーポンしか配布できないので、ユーザーごとに別のクーポンを送ることができません。

例えば「3種類のうち1つを抽選でプレゼント」などは基本的にできません。

3.ITの知識がある程度必要

LINE公式アカウントには、クーポン配布機能の他に、ユーザーとの1対1のチャット機能、ショップカードの発行機能、リサーチ機能、A/Bテストメッセージなど豊富な機能が備わっています。

しかし、ITの知識があまり無い場合、それらを上手く活用することが難しいと考えられます。
クーポン機能だけを利用する場合でも、より良い結果を求めて「分析」することが必要になるため、ある程度のITリテラシーが必要です。

Twitterクーポンとは

Twitterでのクーポン配布は、主にインスタントウィンのキャンペーンツールを利用して行われます。

インスタントウィンは、参加者がフォローやリツイートなどの条件を満たすことで、すぐに当選結果が表示されるキャンペーンツールです。ユーザーの参加は「フォロー&リツイートのみ」の2ステップで完了するため、参加率が高くなります。

キャンペーンに合わせて、無料クーポン・割引クーポンなど自由に発行可能です。

Twitterでクーポン配布するメリット

Twitterで配布するクーポンには、LINEと比べてどんなメリットがあるのかご紹介します。

1.拡散性がある

クーポン獲得の条件がフォロー&リツイートなので、応募の度に情報が拡散され、広告効果が高まります。

フォロワーになっていなくても、クーポン配布のキャンペーンをタイムライン上で目にするので、多くのユーザーの記憶に残りやすくなります。

2.ユーザーごとにクーポンの種類を変えられる

キャンペーンに合わせて、無料クーポン・割引クーポンなど自由に発行可能です。クーポンの種類や上限枚数は個別に設定できます。


① 50%オフクーポン 100名様
② 40%オフクーポン 500名様
③ 30%オフクーポン 1,000名様
④ 20%オフクーポン 3,000名様
⑤ 10%オフクーポン 参加者全員

Twitterでクーポン配布するデメリット

Twitterでクーポンを配布する際には、デメリットもいくつかあるのでご紹介しましょう。

1.通知がオフの場合は情報が流れやすい

DMの通知はオフにされにくいものの、何かの機会に設定をオフにされてしまうと、クーポンに気付かないこともあります。「Twitterの通知をオンにしてください」という注意書きを入れるなど、ユーザーに伝えた方がいいでしょう。

2.ツールの導入が必要

LINEにはクーポン機能が最初から実装されていますが、Twitterには元々その機能がありません。そのため、インスタントウィンツールなどを導入する必要があります。

他社では月額100万円以上の費用設定も珍しくありませんが、PARKLoTは継続しやすい月額5万円です。

3.配布数に制限がある

DMの送信数は一日1,000件が上限なので、配布できるクーポン配布数に限りがあります。
但し、Twitterと連携したPARKLoTのシステムを使えば回避できます。

【比較一覧】 LINEとTwitterのクーポン配布

最後にLINEクーポンとTwitterクーポンの比較を表でまとめました。

LINEクーポンTwitterクーポン
拡散性
開封率
顧客データの収集
顧客ごとのクーポン設定×
抽選機能
配布数の制限△(一日1,000件以上はシステムが必要)
費用1,000通まで無料回数無制限で月額5万円〜
必要なIT知識ある程度必要無くてもOK
各記号は、◎…優れている ◯…良い △…微妙 ×…良くない

まとめ

今回は、LINEとTwitterのクーポン配布を比較しました。

LINEのクーポン機能は低コストで分析機能も備わっているので、すでに「友だち追加」している人が多いなら、これがベストだと思います。

しかし、新規ユーザーの獲得には向かないので、来客数を増やすなど拡散アップを目指すなら、Twitterでのクーポンも取り入れた方がいいでしょう。

つまり、私が強くオススメするのはLINE と Twitter のクーポンを掛け合わせた「ハイブリッド利用」です。Twitterのクーポンを情報拡散のブースターとして利用し、そこで獲得したユーザーをLINEのクーポンへ誘導するのです。

その詳しい方法については、また別の記事でご紹介します。

(すぐに知りたい方は、PARKLoTへこちらからお気軽にお問い合わせください)

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

クーポン配布でお悩みの方にお伝えしたいこと

クーポン配布をWebで始める時にオススメなのは、Twitterを利用することです。その理由は、Twitterの「リツイート」による拡散力が高いこと。

ユーザーのタイムラインに店舗のアカウントが表示されるため、より多くの人に情報が届き、フォロワー獲得に効果的です。

数あるTwitterクーポンの中でもオススメなのはPARKLoT。
参加者の抽選からクーポン配布まで全自動で完了するので、クーポン配布作業が一気にラクになります。

また、他社のインスタントウィンツールでは、クーポン配布回数に制限がある場合がほとんどですが、PARKLoTは回数無制限で何種類でもクーポンを発行することができます。

他社では月額100万円以上の費用設定も珍しくありませんが、PARKLoTは初期費用無料、継続しやすい月額5万円です。

PARKLoT(パークロット)

クーポンを検討中の方は、PARKLoTをぜひご覧ください!
キャンペーン開始まで最短2分です!!