お役立ち情報本記事は4分で読むことができます

なぜSNSマーケティングが必要なのか?Twitterキャンペーンの戦略

2022年09月24日
DIGITAL MARKETINGの本を読んでいる女性

Twitterは今や最新のトレンドや情報を追いかけるのに必須のプラットフォームです。 テレビニュースを見るように、多くの人がTwitterで新しい情報を入手しています。 トレンドの会話やお気に入りのブランドをフォローするために、あなたも日常的にTwitterを使用しているのではないでしょうか?

Twitterは人々が思ったことを呟く場から、巨大なマーケティングプラットフォームへと変化しました。#How Many People Use Twitter in 2022? [New Twitter Stats]によると、Twitterには約4億人のユーザがおり、そのうち約2億人がTwitterに毎日アクセスしています。
企業がTwitterをビジネス目的で利用する理由も頷けます。

しかし、最新のトレンドをたまにツイートするだけではTwitterマーケティングは成功しません。 他のSNSプラットフォームと同様に、Twitterマーケティングで成果を出すには、マーケティング戦略を策定し、人々の目に触れるツイートをし続けてユーザの目をひきつづける必要があります。

今回の記事では、Twitterマーケティングの重要性と、Twitterマーケティング戦略について解説します。

この記事は次のような人にオススメです!

  • Twitterをビジネス目的で使用している方
  • Twitterのマーケティング戦略に迷っている方
  • Twitterのマーケティング戦略の立て方がわからない方

なぜTwitterでマーケティングすべきなのか?

How Twitter content powers your social media marketing strategy (Twitter社公式ブログ記事)によると、Twitterユーザは、他のSNSプラットフォームよりも26%も多くの時間、Twitterに表示される広告を閲覧しているそうです。

また、2022年度SNS利用動向に関する調査によると、SNSユーザの55.9%がTwitterユーザとの調査結果が発表されました。

さらに48%の人が、SNSのレビュー内容・感想が購買行動に影響していると回答【購買行動とSNSの関係についてのアンケート結果】の調査によると、48.0%のユーザが商品の購入前にSNSで口コミをチェックしているのです。


Twitterマーケティングの重要性を十分に伝えられたでしょうか?

もしまだTwitterでマーケティングすべきか悩んでいるマーケターの方のために、Twitterマーケティングのメリットを下記に紹介しました。ぜひ読んでみてください。

Twitterマーケティングのメリット

1. 潜在顧客に広くリーチできる

Twitterのユーザ数は年々増え続け、潜在顧客にリーチすることができます。ハッシュタグを使えば、潜在顧客がどのような興味を持っているかの分析も可能です。

2. コストがかからない

Twitterは誰でも無料で使うことができます。企業アカウントであっても、広告費を必ずかける必要はありません。お金を使わなくてもフォロワーを増やし、認知度を上げることができるのです。

この理由から、マーケティング予算がない中小企業もTwitterならマーケティングを行うことができるのです。

3. 1日に何度も投稿できる

Twitterは、最高15回投稿することが推奨されている唯一のSNSプラットフォームだという研究結果が出ています。

FacebookやInstagramとは異なり、Twitterのタイムラインは数分のうちに新しいツイートが表示され、古いツイートはあっという間に表示されなくなってしまうからです。

この特徴を利用し、フォロワーのエンゲージメントを高めるために、1日に何度もツイートできるメリットがあります。

ツイートはテキスト、画像、動画、ライブビデオなどを投稿できるため、異なる方法でフォロワーや潜在顧客となるユーザを楽しませることができます。

4. 公式サイトへ誘導できる

Twitterは企業のブランドを構築し、商品をアピールすることのできる場所です。Twitterでマーケティングを行うことで、ユーザはTwitterプロフィールページを訪れ、ブランドを認知します。

10 Reasons You Should Set Up Twitter Business Profileの調査によると、Twitterプロフィールページを訪れた47%ものユーザが、プロフィールに記載されているリンクをクリックするという調査結果が出たそうです。

Twitterでマーケティングを行うことで、公式サイトへの流入を見込むことができます。

5. 口コミを収集できる

Twitterは、ユーザの「リアルな声」が呟かれる場所でもあります。匿名でアカウントを作ることができるので良いレビューも悪いレビューも、ユーザは気兼ねなく投稿できるのです。

口コミを収集することで、商品やサービスの改善のヒントになります。さらに、口コミを投稿したユーザと直接コメントやDMでやりとりを行うことで、カスタマーサポートを行い、ユーザ満足度の向上も期待することができます。

Twitterのマーケティング戦略

Twitterマーケティング戦略を考えることはとても難しい作業かもしれません。

しかし、効果的なプロセスに沿い、ビジネスゴールを設定し、パフォーマンスを分析すれば良いでしょう。


下記に、Twitterマーケティング戦略を考える手順をまとめました。ぜひご覧ください。

1. ユーザを理解する

Twitterで商品をマーケティングする際に重要なのは「ユーザの声」です。

顧客の声を収集し、しっかりと調査・分析しましょう。フォロワーの質が、ブランドを作り上げるのです。

2. Twitterアカウントを分析する

すでにアカウントを運用しているなら、Twitterアカウントを分析しましょう。どのツイートの反応率やエンゲージメントが高く、ユーザが興味あるのかを理解しましょう。

こうすることで、ユーザの興味関心がどこに向いているのかを知ることができます。

分析ツールを使っていないなら、[Twitter公式の分析ダッシュボード]ページを活用しましょう。

3. プロフィールを工夫する

ツイートや画像を工夫することはとても大切な仕事ですが、プロフィールを工夫することも忘れてはいけません。

あなたのアカウントに興味を持ったユーザは、プロフィールページに訪れ、プロフィール文と画像を見、信頼できそうか、フォローするに値するかを一瞬で判断します。

Twitterのプロフィール文は短く簡潔にし、プロフィール画像は自社商品やブランドが一眼見てわかるように設定しましょう。


Nike Japan(@nikejapan)は、とても良い例です。プロフィール画像もシンプルでわかりやすく、プロフィール文も短くて目を惹きます。

自社アカウントのプロフィール文に不必要なテキストや単語を載せていないか、画像は適切か、改めて見直してみましょう。

Nike Japan公式Twitterアカウントプロフィール

4. ハッシュタグを活用する

ハッシュタグ付きのツイートは、ハッシュタグなしのツイートと比べエンゲージメントが2倍向上することがわかっています。

ただし、2つ以上のハッシュタグを1つのツイートに使用すると、エンゲージメントが減少するという結果も出ています。ブランドにぴったりのハッシュタグを使用し、広いターゲット層へリーチできるように工夫しましょう。


また、ハッシュタグキャンペーンを行うことで、自社商品に関心の高いフォロワーを通してまだ関心の薄い層へと、口コミのように段階的に情報を届けていくことができます。

広告はユーザから倦厭されがちですが、ハッシュタグキャンペーンを行うことでユーザとの接点を生みながら自社商品をプロモーションすることができます。フォロワーがある程度増えてきたら、ハッシュタグキャンペーンの実施を検討しましょう。

5. ベストな時間にツイートする

HubSpotによると、ツイートのベストな時間はお昼〜15時、または17時以降との調査結果が出ています。

お昼〜15時はランチタイムでTwitterを開く人が多く、17時以降は仕事が終わって帰宅途中にTwitterを開くからです。

ランダムな時間にツイートするのではなく、多くの人のタイムラインにツイートが表示されるよう、ベストな時間にツイートを行いましょう。

6. ユーザと交流する

Twitterは一方通行に情報を伝えるためのツールではなく、会話しターゲット層とのエンゲージメントを高める場です。

リプライ、ツイート、リツイートなどで積極的にユーザと交流を行いましょう。コメントにはすぐ返信し、ファンとなってくれるユーザを少しずつ時間をかけて増やしましょう。


また、ユーザがあなたの商品やサービスに対してツイートした場合、そのツイートにコメントなどで反応するようにしましょう。

時には「悪いレビュー」が投稿されるかもしれませんが、迅速・丁寧に対応することで、顧客満足度を少しでも向上させることができるかもしれません。


Amazonは、Amazon Helpというアカウントを運営し、Twitterに投稿されるAmazonの口コミや質問に対応を行っています。

7. 投票機能を使ってフォロワーと交流する

Twitterに搭載されている投票機能を使えば、フォロワーと交流することができます。投票機能を使うことでフォロワーを楽しませることができ、プロモーションに役立つ情報を収集することもできるのです。

Twitterの投票機能はボタンをクリックするだけで簡単に設定することができます。ぜひ一度活用し、反応を見てみましょう。


質問のアイデアがない場合は、Airbnb Japanの下記のツイートを参考にすると良いでしょう。

8. フォロワー数を増やす

Twitterでマーケティングをする限り、フォロワー数は重要な指数になります。

Twitter認証バッジを取得し、信用のあるアカウントであることをアピールしましょう。あなたのアカウントに興味があるユーザがフォローしてくれやすくなります。

また、競合がどのようなTwitterマーケティングをこなっているかにも注目しましょう。

9. ツイートを工夫する

ツイートする際は、下記に注意しましょう。

  • 間違った情報をツイートしないように注意する
  • ハッシュタグは1つのツイートに2つ以上含めない
  • 行動を起こさせるツイートを行う
  • 長いテキスト + 画像でのツイートは避ける
  • キーワードやハッシュタグをモニターする

10. キャンペーンを実施する

フォロー&リツイートキャンペーンや、ハッシュタグキャンペーンを実施することは、フォロワー獲得や認知度向上にとても有効な手段です。

フォロー&リツイートキャンペーンはツールを使用せずにも実施できます。商品をプロモーションする目的で、一度試してみると良いでしょう。


ツールを使えば、抽選作業を自動化し、即時に当選結果を知らせることのできるインスタントウィンキャンペーンの実施も可能です。

「すぐに結果がくる」とユーザがワクワクし、リツイートしてくれる確率が上がります。インスタントウィンキャンペーンの実施も検討してみると良いでしょう。

11. ゴールを設定する

Twitterでマーケティングをする際は、ゴールを設定し、それに到達するための計画を立てることが重要です。目的もなくツイートを行い、フォロワーが増えることを祈るよりも、明確なゴールを立てることに時間を割きましょう。

Twitterのマーケティングゴールは、自社商品のマーケティングゴールでもあるのです。ゴールの例を紹介します。

  • フォロワーを増やして認知度を上げる
  • メルマガ会員を1000人増やす
  • ホームページへの流入を15%増やす
  • カスタマーサービスをTwitterで行い、顧客満足度を上げる
  • インフルエンサーと交流し、人脈を築く

ゴールを設定したら、毎月ゴールの見直しや状況確認を行うことを忘れずに。分析を行い、改善すべきポイントがあればすぐに実施しましょう。

まとめ

Twitterは、自社商品やサービスの認知度を上げ、販促につなげるためには最適なプラットフォームです。他のSNSと比べるとTwitterは情報が流れやすいため、正しく効率的にマーケティングを行う必要があります。

Twitterマーケティングに慣れていなければ、まずはユーザの理解、Twitterのプロフィール文と画像を工夫することに注力してみましょう。プロフィール文は簡潔にし、記憶に残りやすいシンプルな画像に設定しましょう。

長々と説明しましたが、皆様のTwitterマーケティングの助けになれば幸いです。

施策内容や見積もりについて、お気軽にご相談ください。無料相談の予約はこちら

この記事のライター

豊田桃子

豊田桃子

米大を卒業後、グローバル製薬企業のIT部門で大小さまざまなITプロジェクトを経験後、29歳からアプリ開発エンジニアへ転身。2022年に(株)X-HACKに取締役に就任。